プロフィール

YOSHI

Author:YOSHI
ワンコの事がもっと理解したくて勤めていた会社をスッパリ辞めて勉強を開始。
そしてドッグトレーナーの道を進み始めた飼い主。

☆ケンイチ☆


1994年6月18日生~
     2010年1月25日没。
MIX。

ゴールデンレトリバーとシベリアンハスキーの血が入っていると言われて我が家にやってきたMIX犬。
毛質や模様からその血統は確かに入っている様な気もするが、大きさは柴犬より少し大きい程度。

時には弟、時には兄、時には友達。
僕に犬の素晴らしさ、パートナーのありがたさを教えて先に旅立った大切な家族。

☆ライフ☆


2007年10月16日生。
ボーダーコリー。

僕に本気で犬と向き合う事を考え始めさせた当犬。

♪ランキング参加中♪

下の画像をクリックした後、犬ブログ村のページに移動してこのブログに10ポイント入ります! 応援宜しくお願いします!!

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
こちらもポチッっと! ペットブログランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

↓↓しつけに困ったら↓↓ rinmoca ↑↑ワンコを迎えたら↑↑

いつでも里親募集中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

わんdaふるライフ
犬って面白い! ボーダーコリーのライフ君と共に                                                                       いろいろ学んでいっちゃいます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーダーコリー。
ボーダーコリー。

牧畜犬の代表の様な犬種で、その高い能力により現代の様々な競技会でその姿を見せている。


原産国:イギリス
初期の用途:羊・牛のハーディング
現在の用途:コンパニオン、羊のハーディング、シープドッグのテスト犬
体重:14?22kg
体高:46?54cm

子供との相性:○
都会暮らし:×
寒さへの適応:○
服従訓練への適応:○
充分な運動が必要。


作業意欲の塊と言われるほど服従心が強く、運動能力の高い犬種。

作業能力の高さを1番に考えられて交配されてきた犬種であるため、外観やサイズにまとまりが無かったという事もあり、『ボーダーコリー』という犬種として認められたのは犬の歴史上極々最近のことです。

牧羊犬としてはこの犬種に勝る犬種はいないとまで言われる程で、他の牧羊犬のように吠えたり噛み付いたりして羊をまとめるのではなく、羊を睨みつけて怯えさせることで誘導する事が出来ます。

そうした牧畜犬の能力を持ち合わせているため、普段の私たちのと生活の中では動くものを追いかけてしまう事があります。

車、バイク、動物、人…。

本能的に動くものを追いかけハーディングしてしまうため、慣れさせていないうちには散歩には注意が必要です。


近年ではアジリティ、ディスク、オビディエンス、ドッグダンスなど、様々な競技会において必ずと言って良い程この犬種が上位にランキングしています。

運動能力、知能、洞察力…。

この様な一つ一つの能力だけで取れば他にももっと高い能力を持っている犬種は多々存在しますが、ボーダーコリーはこれらのバランスが非常に良いのです。

正しいしつけを行えば必ず素晴らしいパートナーとなってくれます。


しかし、その高い能力を備えているからこそ、しっかりとしたしつけが出来ないと問題犬となってしまうこともあります。

どの程度信頼できるリーダーなのか、どこまでなら許されるのかなどを試したりもします。

その時にキチンとしたリーダーシップを取って示さなくては犬に甘く見られ言う事を聞かなくなることに繋がります。

【賢い犬=問題を起こさない】

と言う事では決してありません。

賢い子だからこそ正しいしつけをして、犬から信頼される飼い主である事が必要なのです。


元々働くために出来ている犬種なので、刺激がないと欲求不満になったりストレスに感じてしまいます。

頭と体を使う、何か毎日続けられる仕事を与えると良いかもしれません。

また、この超運動系犬種に心置きなく運動させられるだけの場所があるような環境でないと飼う事は難しいと言えます。


健康面では、股関節形成不全が多く見られます。

股関節が緩み、骨や関節の異常を引き起こす病気です。

腰を振って、お尻を振って歩いているように見える場合はこの病気であることが考えられます。

運動中に飛び跳ねたりする事が多い犬種でもあるので、飼い始めたら、成犬になった時点で一度検査する必要があると言えます。







犬ブログランキングに参加しています!
いろいろな人に知って頂けるブログになるよう頑張ります!
ポチッと→にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ←ポチッと
上のボタンを押した後、犬ブログ村のページに移動すればこのブログに10ポイント入りますアップ
一日わんクリック応援よろしくお願いしますわんわん


ペットブログランキングにも参加中!
こちらもポチッっと!
ポチッと→ペットブログランキング←ポチッと

スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

ダックスフンド。
ダックスフンド。

胴長犬種の代表的犬種。

穴にもぐって猟をするために改良された特徴ある風貌。

その見た目や愛嬌のある性格から、近年でも大人気の犬種。


原産国:ドイツ
初期の用途:アナグマを追い立てる
現在の用途:コンパニオン
寿命:14?17年

体重
ミニチュア:4?5kg
スタンダード:6.5?11.5kg

体高:
ミニチュア、スタンダード:13?25cm


都会暮らし:○
服従訓練の適応:×
他の犬との友好性:×
番犬適正:○
多くの運動量は必要なく、適度の運動で満足。


「アナグマ犬」という意味をもつダックスフンド。

スタンダードではアナグマやキツネ、ミニチュアはウサギを追うために改良されました。

穴にもぐるために適した体に改良されたため、その体長は体高の2倍程度です。

そのため、胴体にかかる負担は他の犬種よりも大きく、椎間板ヘルニアなどの関節疾患になりやすくなっています。

これは、飛びついたり跳ね回ったりすることを許してしまうことでさらに発症率をあげてしまいます。

高いところから飛び降りたり、階段などにも注意が必要です。

また、体高が低い事から熱中症になりやすい犬種でもあります。

夏場、人は気づかなくても地面の熱はかなり上がっている場合があります。

犬と同じ高さになって温度を感じてみる事も大切なのです。


嗅覚ハウンドであるこの犬種はとても耳が大きいという特徴があります。

このような犬種は外耳炎になりやすいので普段から注意が必要です。


とても活発で好奇心が旺盛な犬種。

もともと狩猟犬であったため、動くものに敏感で、体を動かして遊ぶ事は大好きです。

また狩猟犬の性質上、大きい声でよく吠える特徴もあります。


人懐っこい犬種ではありますが、その反面、犬に対してはあまり友好的ではありません。


賢い犬種でもあるため、正しいしつけを行えばとてもよいパートナーとなり得ます。

しかし、服従訓練が容易な犬種ではない為、それなりの経験と知識を必要とします。


毛色は様々な色があり、被毛の種類もスムース、ロング、ワイアーの3種があります。

スムースヘアーがダックスフンドの基本形であり、陽気で従順、人なつこくて遊び好きであるという特徴があります。

ロングヘアーはスムースヘアーに小型のスパニエル系などの犬種を掛け合わせることで作り出され、甘え上手で社交性があり穏やかであるという特徴があります。

ワイヤーヘアーはスムースヘアーとラフヘアードのピンシャーをかけ合わせ作出された犬をさらに四肢の短いダンディ・ディンモント・テリアとかけ合わせて作り出され、陽気で勝気で気性の強いやんちゃ者であるという特徴があります。





犬ブログランキングに参加しています!
いろいろな人に知って頂けるブログになるよう頑張ります!
ポチッと→にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ←ポチッと
上のボタンを押した後、犬ブログ村のページに移動すればこのブログに10ポイント入りますアップ
一日わんクリック応援よろしくお願いしますわんわん


ペットブログランキングにも参加中!
こちらもポチッっと!
ポチッと→ペットブログランキング←ポチッと

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

チワワ。
チワワ。

言わずと知れた大人気超小型愛玩犬。

しかし、その起源は謎に包まれているのだとか。

原産国:メキシコ
初期の用途:コンパニオン
現在の用途:コンパニオン
寿命:13?14年
体重:1?3kg
体高:15?23cm

都会暮らし:○
暑さへの適応:○
寒さへの適応:×
番犬適正:○
多くの運動量は必要なく、適度の運動で満足。


チワワの名前の由来は、メキシコのチワワ州という地名から来ています。

これはメキシコからアメリカに輸入した際にその地名から名づけたものだそうですが、それ以前の起源は謎なのだそうです。

メキシコの先住民族によって飼育されていた「テチチ」という犬種がルーツなのではないかという説が有力なようですが、それも推測の域を出ないのだとか。


チワワと聞いて真っ先に浮かべるのは『小さい!』だと思います。

その小ささによって可愛らしさがより一層引き立てられていますが、小さいが故に生じる問題もあります。


体が小さく、機敏に動くため、猛禽類などの狩猟動物の標的になることがあります。

自宅の場所によっては、庭で放し飼いにするのは危険といえます。

また、体が小さい故に骨折をしやすい犬種です。

高いところから飛び降りたり、あるいは人の足に寄り添っている時に人が気付かず蹴ってしまうことで骨折してしまうケースもあります。


そしてこの犬種で気遣わなければいけない病気の1つが水頭症(すいとうしょう)という病気です。

頭蓋骨に空いている穴、泉門が通常よりも大きく開き、脳脊髄液が頭蓋空内に大量に増え、脳の一部を圧迫して様々な症状を引き起こす病気です。

この病気は先天的にかかえているケースが多いのだそうです。

すぐに生命の危険に陥る病気ではないものの、完治は期待できないといわれています。

チワワの病気についての詳細はこちらから



まさに抱き犬、手乗り犬である子の犬種。

人に愛される事が大好きな完全なる愛玩犬であり、人の助け無しでは生きていけないとまで言われます。

しかし、可愛いからといってしつけを怠ると「小さな暴君」となりえる犬種でもあります。

僅かな風に吹かれても震えを見せるような犬種でもありますが、その気質は実に大胆で勇気のあるものです。

小さな体でも、どんな大型犬にも突進する勢いがあります。

それゆえ、もししつけを怠ると吠えや噛み付きなどが酷くなる場合があります。

また、幼いうちからいろいろなものに慣れさせないと、怖がりであるために「人や犬が怖くていつも震えている犬」になってしまうかもしれません。


縄張り意識が強く、怖がりであるが故に吠えや噛みつきがでやすい。

それでいて気が強い。

小型犬でなければ今日のような人気者にはなれなかったでしょう…。


また、チワワはチワワ以外の犬種との相性が良くないとされます。

ドッグランなどへ行くと、チワワはチワワだけの集団を作って他の犬種を近づけないという場面も多くあるほど。


非常に寒さに弱い犬種ですので、冬場は服を着せてあげるなどの配慮も必要です。



人と居る事が大好きなチワワ。

忠誠心も強く、飼い主とはとても良い関係が作れ、多くの癒しをもたらしてくれる犬種だといえると思います。





犬ブログランキングに参加しています!


いろいろな人に知って頂けるブログになるよう頑張ります!


ポチッと→にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ←ポチッと


上のボタンを押した後、犬ブログ村のページに移動すればこのブログに10ポイント入りますアップ


一日わんクリック応援よろしくお願いしますわんわん






ペットブログランキングにも参加!


こちらもポチッっと!


ペットブログランキング

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

プードル。
プードル。

トイ、ミニチュア、ミディアム、スタンダードと、大きさによって分けられている。
特にスタンダード・プードルとそれ以外とでは扱いが異なる。


スタンダード・プードル。

原産国:ドイツ
初期の用途:水鳥の捜索、回収
現在の用途:コンパニオン、番犬
寿命:11?13年

体重:20.5?32kg
体高:37.5?38.5cm以上

子供との相性:○
都会暮らし:○
暑さへの適応:○
寒さへの適応:○
服従訓練の適応:○
頻繁にコートの手入れが必要


プードルという名前の由来は、ドイツ語で『水猟犬』を意味する『プーデル』という言葉からきているそうです。

プードルと聞いてまず思い浮かべるのが、あのふわふわの毛、そして特徴あるカットだと思います。

元々水猟犬として育てられていたこの犬種にとって最も活動しやすいカットとして施されたのが、あの尻尾や足がもこもことなっているスタイルなのです。

水中での作業をしやすくし、かつ、水から出た後の被毛の乾燥を早くするために考案されたのがあの独特のスタイルです。

水中で体温の消耗を防ぎ、心臓や肺を守るために胸部の被毛を厚く残し、推進力を高めるためと関節部の保護のために肢部に球状の被毛が残されました。

このようなスタンダード・プードルのカットが、現在のトリミング技法の発祥だと言われます。

現在ではただプードルという犬種柄のファッションとしてあのカットをされている事が多いですが、決してただのアクセサリー犬ではありません。


その毛質から多くの抜け毛が予想されがちですが、実は毛は抜けにくく、体臭も少なく、アレルギー体質の人にとっては親しみやすい犬種でもあります。

トイ、ミニチュア、ミディアムとは違い、スタンダード・プードルは愛玩犬というよりはワーキングドッグです。

落ち着きがあり、責任感が強く、訓練がしやすく、洞察力に優れ、賢い。

訓練を怠らなければとても良い信頼関係が気付ける犬種でもあります。


プードルのような毛質の犬には皮膚病の発症率が高いという面が危惧されますが、プードルに関しては比較的その発症率は少ないそうです。




(トイ、ミニチュア、ミディアム)プードル。

原産国:フランス
初期の用途:コンパニオン
現在の用途:コンパニオン
寿命:12?15年
別名:カニシュ

体重
トイ:6.5?7.5kg
ミニチュア:12?14kg
ミディアム:15?19kg

体高
トイ:25?28cm
ミニチュア:28?38cm
ミディアム:34?38cm

子供との相性:○
都会暮らし:○
暑さへの適応:○
寒さへの適応:○
服従訓練の適応:○
頻繁にコートの手入れが必要


プードルの起源は謎が多いのですが、500年程前にドイツからフランスにスタンダード・プードルが渡り、フランスで小型化改良されたと考えられています。

機敏で賢く、サーカスでもその姿が見られるほど芸達者。

近年人間を驚かせる多くの知的な「犬の芸」はプードルによってもたらされて来たと言われるほどです。


ワーキングドッグとして活躍するスタンダードとは違い、愛玩犬として改良されたこの犬種。

元々のプードルの賢さを備え訓練しやすく、小さな体と愛くるしさを備えています。

今日揺らぎの無い人気を誇っている犬種ですが、だからこそ生じている悲しい問題がこの犬種にはあります。


スタンダード・プードルという大型犬種から改良されて出来たこの犬種には、遺伝的に体に無理が生じる場合が多くあります。

その1つが膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)というもの。

後ろ足の膝のお皿がはずれてしまう病気。

遺伝的に関節が弱くなってしまっているのです。

軽度の場合であれば自力で直したりも出来るそうですが、決して軽視できるものではありません。

この犬種を飼う場合には親の病歴や血統をよく確認しておく必要があります。

そして、予防のために高い場所から飛び降りたり、固い床の上で遊んだりしないような、膝の負担にならないよう配慮が必要です。


人気犬種には遺伝性疾患が多く見当たります。

それは犬の健康よりも頭数を尊重し、無理な繁殖を行った結果なのです。

プードルの病気について、詳しくはこちらから。


そしてこの犬種にはもう1つ原因があります。


それは無理な小型化です。


小型改良するということは、元々の骨の作りや内臓の作りを小さい体に押し込めるということにも繋がります。

近年流行のティーカップ・プードルと呼ばれるプードルには明らかに体に無理があるのです。

小さくて可愛いからという理由で人気が出て、さらなる小型改良、繁殖が行われる事で、遺伝性疾患を抱えて生れてくる子がたくさん居るのです。

また『豆柴』と同じく、犬種的に『ティーカップ・プードル』という名前の犬種は存在しません。

血統書には『トイ・プードル』として扱われています。

そして、この血統書を悪用するケースも存在します。

血統書にはトイ・プードルを『PT』と表記されます。

『poodle toy』

これを悪用し『PT』を

『poodle teacup』

といった意味で販売するというケースもあったそうです。

他の犬種にも言えることですが、こういった表記や売り言葉などには気をつけなくてはいけません。


とは言え、健康な体であれば自立心旺盛な体格を備え、訓練欲や思考力、いずれをとっても抜群の性能を持った犬種であることには間違いはありません。





犬ブログランキングに参加しています。


いろいろな人に知って頂けるブログになるよう頑張ります!


ポチッと→にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ←ポチッと


上のボタンを押した後、犬ブログ村のページに移動すればこのブログに10ポイント入りますアップ


一日わんクリック応援よろしくお願いしますわんわん




テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。