プロフィール

YOSHI

Author:YOSHI
ワンコの事がもっと理解したくて勤めていた会社をスッパリ辞めて勉強を開始。
そしてドッグトレーナーの道を進み始めた飼い主。

☆ケンイチ☆


1994年6月18日生~
     2010年1月25日没。
MIX。

ゴールデンレトリバーとシベリアンハスキーの血が入っていると言われて我が家にやってきたMIX犬。
毛質や模様からその血統は確かに入っている様な気もするが、大きさは柴犬より少し大きい程度。

時には弟、時には兄、時には友達。
僕に犬の素晴らしさ、パートナーのありがたさを教えて先に旅立った大切な家族。

☆ライフ☆


2007年10月16日生。
ボーダーコリー。

僕に本気で犬と向き合う事を考え始めさせた当犬。

♪ランキング参加中♪

下の画像をクリックした後、犬ブログ村のページに移動してこのブログに10ポイント入ります! 応援宜しくお願いします!!

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
こちらもポチッっと! ペットブログランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

↓↓しつけに困ったら↓↓ rinmoca ↑↑ワンコを迎えたら↑↑

いつでも里親募集中

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

わんdaふるライフ
犬って面白い! ボーダーコリーのライフ君と共に                                                                       いろいろ学んでいっちゃいます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーダーコリー。
ボーダーコリー。

牧畜犬の代表の様な犬種で、その高い能力により現代の様々な競技会でその姿を見せている。


原産国:イギリス
初期の用途:羊・牛のハーディング
現在の用途:コンパニオン、羊のハーディング、シープドッグのテスト犬
体重:14?22kg
体高:46?54cm

子供との相性:○
都会暮らし:×
寒さへの適応:○
服従訓練への適応:○
充分な運動が必要。


作業意欲の塊と言われるほど服従心が強く、運動能力の高い犬種。

作業能力の高さを1番に考えられて交配されてきた犬種であるため、外観やサイズにまとまりが無かったという事もあり、『ボーダーコリー』という犬種として認められたのは犬の歴史上極々最近のことです。

牧羊犬としてはこの犬種に勝る犬種はいないとまで言われる程で、他の牧羊犬のように吠えたり噛み付いたりして羊をまとめるのではなく、羊を睨みつけて怯えさせることで誘導する事が出来ます。

そうした牧畜犬の能力を持ち合わせているため、普段の私たちのと生活の中では動くものを追いかけてしまう事があります。

車、バイク、動物、人…。

本能的に動くものを追いかけハーディングしてしまうため、慣れさせていないうちには散歩には注意が必要です。


近年ではアジリティ、ディスク、オビディエンス、ドッグダンスなど、様々な競技会において必ずと言って良い程この犬種が上位にランキングしています。

運動能力、知能、洞察力…。

この様な一つ一つの能力だけで取れば他にももっと高い能力を持っている犬種は多々存在しますが、ボーダーコリーはこれらのバランスが非常に良いのです。

正しいしつけを行えば必ず素晴らしいパートナーとなってくれます。


しかし、その高い能力を備えているからこそ、しっかりとしたしつけが出来ないと問題犬となってしまうこともあります。

どの程度信頼できるリーダーなのか、どこまでなら許されるのかなどを試したりもします。

その時にキチンとしたリーダーシップを取って示さなくては犬に甘く見られ言う事を聞かなくなることに繋がります。

【賢い犬=問題を起こさない】

と言う事では決してありません。

賢い子だからこそ正しいしつけをして、犬から信頼される飼い主である事が必要なのです。


元々働くために出来ている犬種なので、刺激がないと欲求不満になったりストレスに感じてしまいます。

頭と体を使う、何か毎日続けられる仕事を与えると良いかもしれません。

また、この超運動系犬種に心置きなく運動させられるだけの場所があるような環境でないと飼う事は難しいと言えます。


健康面では、股関節形成不全が多く見られます。

股関節が緩み、骨や関節の異常を引き起こす病気です。

腰を振って、お尻を振って歩いているように見える場合はこの病気であることが考えられます。

運動中に飛び跳ねたりする事が多い犬種でもあるので、飼い始めたら、成犬になった時点で一度検査する必要があると言えます。







犬ブログランキングに参加しています!
いろいろな人に知って頂けるブログになるよう頑張ります!
ポチッと→にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ←ポチッと
上のボタンを押した後、犬ブログ村のページに移動すればこのブログに10ポイント入りますアップ
一日わんクリック応援よろしくお願いしますわんわん


ペットブログランキングにも参加中!
こちらもポチッっと!
ポチッと→ペットブログランキング←ポチッと
スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

コメント

>プリン母さん
やはり追いかけますか…うちもです(汗)
なるべく犬よりも先に追いかけそうな対象を見つけ、
行かせない様に待てをさせるなどして、行かなかったら褒めてやる、
とゆうように慣れさせるのが良いだろうとやってはいるものの、うちの場合は小さいうちに車などに慣れさせなかったということがありなかなかすっかり安心出来るレベルにはなっていません…。
何事も小さいうちから慣れさせてあげることは重要ですね。

確かに他の子が居る中で、1頭と向き合ってお勉強というのは難しいのでしょうね…。
もしハウスのご用意がそれぞれの子にあれば、ハウスで大人しくしているうちに…ということも可能ですね。
それでも4頭それぞれと同じだけコミュニケーションを取ると考えると時間体力が必要になると思いますが…。

ですが、他の子が居る事で犬同士でないと学べない事が多く学べそうですね。
犬同士仲良く一緒に遊んでくれている様子ならとても素敵だと思います(^^)

[2009/12/06 15:07] URL | クエス #- [ 編集 ]


こんばんは~

車・自転車 追い掛けようとする事しばしば・・・
最近は我慢(?)出来るようになってきた感じです
最初は車に突っ込んでいきそうになってヒヤヒヤでした

他に3頭いるとなかなかしつけやお勉強が出来ないんですよね・・・
賢さは伝わってくるので訓練に出すまでもないと思うんですけど
ボーダーだけと向き合っていると他の子がやきもちを妬いてしまって・・・
色んな事を覚えさせてあげたいけど難しい我が家です
[2009/12/02 23:23] URL | プリン母 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ques707.blog66.fc2.com/tb.php/24-37789f3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。